人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『寿福隆志さんを偲ぶ会』

しばらく更新が止まってしまっていました。ごめんなさい。
「普通のネタ」はカースタイリング公式ブログ(http://ameblo.jp/car-styling/)で更新し、こちらではB級ネタや個人的なことを……と思っているのですが、なかなかこちらにまで手が回らない状態だったのは、ひとえに自分がヘタレだからなのでしょう。

精進しなければ。

三洋電機やカシオ、パイオニア、レノボなど、ご案内いただいた内覧会や発表会のリポートは、カースタイリング公式ブログのほうで公開しております。

というわけで、昨日(10月15日)は、有楽町の交通会館で行なわれた『寿福隆志さんを偲ぶ会』に参加してまいりました。

R0020100.jpg

一般的には「寿福さんって誰?」という方も多いかもしれませんので簡単に説明しますと、自動車の「テクニカル・イラストレーション」(透視イラスト)の第一人者だった方です。過去の名車やレーシングカー、あるいは最新の技術コンセプトカーなどの記事に添えてある透視イラストを見たことのある方も多いでしょう。そうしたイラストを長年描き続け、観賞用としても楽しめる「作品」を生み出し続けた一人が寿福さんなのです。

残念ながら今年初めにお亡くなりになってしまいましたが、寿福さんも参加していた有志の展覧会『自動車アート7+1人展』では予定通りに作品が展示され、偲ぶ会も開催された、というわけです。

R0020104.jpg

実は私はこの透視イラストに心動かされ、デザイナーを志したと言ってもいいかもしれないのですが、今年はその尊敬すべき人物がふたりも亡くなられてしまいました。ひとりは寿福隆志さん、そしてもうひとりは猪本義弘さんです。

おふたりの共通点は、まず自分のような若造とも対等に話をしてくださるような、懐の深さを備えていらっしゃったこと。そして「構造を知らしめる」に足りる高い精度を持ちつつ、見えない部分を図面などの資料や知識、ときには想像力で補い、なおかつ情報を整理して美しく演出し、鑑賞できる「芸術」として見事に昇華させていることです。

おふたりの描くイラストは、対象のメカニズム的な魅力を正確に表現しつつ、それを美しく演出することでさらなる価値を与えていました。そこにはまぎれもなく「工業デザインの本質」が描かれていました。もっともそれに気づいたのは、自分が仕事を通じてお会いするようになってからのこと。

幼い頃はわけもわからず「透視イラストって、なんかカッコイイ!」と思っていただけなのですが、結果的に見ればそうしたガキんちょの心を動かすに足りるパワーがあった、ということなのでしょう。後になって、自分の工業デザインに対する興味を掻き立ててくれたのは寿福、猪本両氏のイラストだったことを知ったわけですが、直接お会いして話が出来る立場になったのは偶然だったのか必然だったのか……

寿福隆志さん、猪本義弘さんにあらためて感謝を。そしてご冥福をお祈り申し上げます。
そしてこれからも、透視イラストが人々の工業デザインに対する興味を高めることを願います。
スポンサーサイト
[ 2010/10/16 18:48 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

ヨーロッパ大都市における二輪車事情の一例

とまあ、いかにもエラソウなタイトルではありますが、先日自転車展のリポートを書いていて、たまたま撮った写真があったのを思い出したのでお見せしようか、というだけのものでございます。サムネイルをクリックすると画像が拡大表示されます。

普段から自分は「都市部では自転車とオートバイの利便性をもっと高く!」ということを言っているわけですが、残念なことに自動車中心の生活に慣れ親しんでいる方にはなかなか理解していただけません。なので、もっと声を大にして言うことにしよう、と。

はじめに。
フランス・パリ市とドイツ・フランクフルト市は、どちらも自転車シェアリングが普及しています。そこでそれらの写真を。

まずはパリ。
パリ市では『VERIB』(ヴェリブ)という自転車シェアリング・サービスを2007年から展開しています(運営は民間企業)。

その車両がこちら
R0010707.jpg

切り株のようなポールのガイドに自転車を合わせてロックする仕組み
R0010705.jpg

街角に設けられたステーションにはポールがズラリ
R0010721.jpg

ステーションに設置された情報端末
R0010704.jpg

自転車はどこで借りても、どのステーションに返却することも可能。各車両の情報は一元的に管理されていて、あまりに車両が偏ってしまった場合には、駐輪台数のステーションにトラックが急行して一部をピックアップし、台数の少ないステーションに分散させる仕組み。市内を歩いているときに数回、自転車を積載したトラックを見かけました。

SuicaやPASMOのような非接触ICカードが採用されていて、ポール上部にかざすことでロックが解除され、自転車を引き出せる仕組みです。実は詳しい使い方や料金体系を知らないのですが、Wikipediaに詳細な記述があるので、興味のある方はそちらをご覧になってみてはいかがでしょうか。

いっぽうドイツはフランクフルト。

DB(ドイツ鉄道)が展開するシェアリング・サービス『Call a Bike』(コール・ア・バイク)の車両
R0013979.jpg R0013978.jpg
ヴェリブと異なって特定のステーションはありません。使い方は……どうやら「車両に書かれた電話番号に連絡すると、その車両の解除キーが告げられ、同時に利用時間のカウント開始。使い終わった時にまた電話すると、施錠と同時にカウント終了。料金は後日口座から引き落とし」というもののようです。

こちらはDBとは別の貸し自転車
R0013975.jpg R0013976.jpg
ヘッドパイプ近くに連絡先が書いてありフェンダーにナンバーが貼られているので、おそらくDBと同様の使い方をするのでしょう。

ヴェリブと共通しているのは、通信技術を駆使することで利便性と効率を高めている点。

「愛車」に乗って移動したいと考える人は「貸し自転車なんて」と思うかもしれませんが、ここで重要なのは「自転車は、自家用車や公共交通機関と同じくらい重要な移動手段」と位置づけられていることです。

当然、自転車で不便を感じるような街づくり、道路作りでは利用の促進は望めません。シェアリングの利便性が高いということは、すべての自転車にとって便利なはずです。

こちらはパリの道路。
R0010751.jpg R0010728.jpg R0010828.jpg
もともとパリはオートバイの利便性が高い都市で、道路のあちこちに駐輪スペースがあります。ビジネススーツ姿でスクーターに乗って颯爽と移動するビジネスマンを目にすることも珍しくありません。車道と歩道の境界にはガードレールというものがほとんどないので人や車両の動きの自由度が高く、比較的自由にスペースを確保できるようです。最近では自転車専用レーンも増えてきました。

これまでオートバイ用の駐輪スペースだった場所の一部を、ヴェリブのステーションにしていることが多いようです。

おまけ。モーターショー会場前の路面電車の停留所。車道を削ってでも公共交通機関と歩行者を優先させる勇気。
R0010819.jpg

いっぽうこちらはフランクフルト中央駅の駅前広場。
R0013823.jpg

路面電車の線路と駅舎の間は広場になっています。シェアリング自転車用のスペースはないものの、駅舎やカフェなどの壁沿いに並べて停めるのがマナー。利用者には、歩行者の動線に影響を与えないよう停めるモラルが求められます。

おまけ。路面電車にも自転車がそのまま乗り込めます。
R0013837.jpg



こうしたサービスをそのまま日本で提供しろ、とは言いません。しかし自治体が「エコロジー」を叫びながら、駐輪スペースを設けないままオートバイと自転車を邪魔者扱いして「放置自転車」の撤去にコストをかけるのは、やはりどこかおかしい。

嬉しいことに東京では駅前やその周囲の繁華街を中心に、駐輪スペースを設置する動きが進められています。ただ、そこの住民以外では、どこに駐輪場があるのかを知ることはなかなか難しいのが現状。

試しにいくつかの区のホームページで検索してみましたが、たしかに情報はあったものの、まあ探しづらいこと……結局googleのサービスがいちばん分かりやすいという事実。

これから都市部では、カーナビの駐車場情報と同じくらいオートバイ/自転車の駐輪場情報が重宝されるようになると思うのですが……

はい、とくに深く考察するつもりではなかったので、今回はここまで。

ヴェリブ公式サイト:http://www.velib.paris.fr/
ドイツ鉄道「コール・ア・バイク」公式サイト:http://www.callabike-interaktiv.de/
[ 2010/08/20 00:19 ] 独り言 | TB(0) | CM(2)

ふるさとは遠きにありて思ふもの?

お盆ということで、墓参に行ってまいりました。お寺は自分が住んでいた場所から2軒向こうの路地の反対側、徒歩10秒ほどだったりします。

自分が生まれ育ったのは、東京は豊島区のとげぬき地蔵を北西へ行った、北区との区界近くの西巣鴨四丁目。都電荒川線の線路際なのですが、最寄の停留所は北区の「西ヶ原四丁目」という他人に説明するのは少々面倒くさい場所。

んで。15歳まで暮らしていた辺りを、なんとなく写真に撮ってきました。

R0017821.jpg 
R0017817.jpg  
R0017810.jpg 
R0017808.jpg  
R0017792.jpg 
R0017793.jpg 
R0017806.jpg 
R0017800.jpg 
ああなるほど。
大きな車とか高級車とか、趣味性に特化した車への興味が薄い理由はこの生活環境の影響だな。「どんな車が欲しい?」って訊かれても、小さい実用車しか思い浮かばないんですよね、自分。

あと、専門学校の授業で路面電車から発想を広げて、「停留所ごとに急速充電するコードレストロリーバス」なるものを提案して「カーデザインじゃねえぞ、これ」と先生方に呆れられたり。

もっとも最近は「路面給電の電動バス」が実用化されていたりして、我が意を得たりと感じているわけですが。

R0017798.jpg
ガキのころよくお世話になった酒屋さんが、昭和時代と変わらぬたたずまいで営業していました。
昔と違うのは自販機ぐらいです。

写真を撮っていたら、通りがかりのご婦人に「いい雰囲気でしょう?」と。そりゃあアタシが生まれ育った地区ですから!と、ちょいと世間話なぞ。袖振り合うも多生の縁、ってね。

ちなみに、なんとなく使ってみたタイトルの室生犀星の詩ですが。いろいろな解釈ができますが、どうやらずいぶんネガティブな状況で捻くれた心情を綴ったもののようですね。

興味のある人は「小景異情」でググってみてください。
ではまた。
[ 2010/08/16 02:01 ] 独り言 | TB(0) | CM(0)

『アジア・パシフィックの自転車生活デザイン展』でモビリティについて考えた

というわけで、東京ミッドタウン・デザインハブの企画展示『アジア・パシフィックの自転車生活デザイン展』でのあれこれ。

R0017716.jpg R0017772.jpg R0017778.jpg
会場の雰囲気はこんな感じ。

基本的なリポートはカースタイリング公式ブログを読んでいただくとして、こちらでは個人的なことを。
カースタイリング公式ブログの該当記事はこちら:http://ameblo.jp/car-styling/entry-10609077990.html

物心ついたころから自転車に乗り続け、かれこれ35年も「移動手段」として使ってきた自分にとって、自転車はクルマ以上に身近な存在です。もちろん経済的な理由で自転車以上の乗り物を持てないということも大きいのですが……

それはさておき、最近の健康ブームに付随するように自転車がブームになっているのを見ると、なんでいままで自転車が交通社会で冷遇されてきたのかがますますもって疑問に思えてしょうがありません。

クルマ用の駐車場は整備されているのに自転車とバイクの置き場がない施設が多かったり、駅前駐輪場もロクに整備されていなかったり。停める場所も用意しないでおいて「通行の邪魔だから」と路上駐輪を撤去するとか、なんでここまで冷遇されなきゃいけないのか、と。

最近では都心の繁華街で駐輪スペースを設ける動きが進められているのは嬉しいのですが、まだまだ「こんなもんじゃ足りないでしょ」と思います。かつては「停める場所を探し回らなくて済む」というのもクルマにたいするメリットだったはずなのですが、どうも近年はそれが逆転してしまっているように感じられます。

もちろん、クルマが生活に必要な人も大勢いることはわかっていますし、クルマを使う生活スタイルを否定する気はありません。しかし自治体や企業が本気でエコロジーを考えているのであれば「あえてクルマを持たずにバイクや自転車を使う」人にたいするインセンティブの導入を、真剣に考えていただきたいなあ、と。

なにも「クルマよりも優遇しろ」なんて駄々をこねているわけではありません。ただ移動手段として、対等に扱ってくれるだけでいいのです。歩行者とクルマ、そしてその間に存在するすべての乗り物が公平に扱われてこそ、人にも環境にも優しい街となれるんじゃないかと思うのですが……

とまあ、普段そんなことを考えているわけで、展示で気に入ったのがこちら。

R0017776.jpg
バングラデシュのリキシャー。
80kgもの重量がありながら、変速機はなし。バングラデシュ国内で100万台が走っているそうです。

「人力車」の略語「力車」が訛った名前からも分かるとおり、日本発のプロダクトなんですけどね、これ。なんで海外で重宝されているのに日本では見ることがないのでしょうか。不思議です。

日本の道路環境に合わない? いえいえ、道路が人よりも自動車に合わせて歪んだ進化をしてきたとは考えられませんか? たとえば、電動アシスト3輪車や簡素なEVの短距離用タクシーが安価に使えたら便利だと思いませんか?

このほか、ちょっと興味深かったものを。

R0017752.jpg
1934年のロードレーサー。
ツール・ド・フランスに参加したもので、ぱっと見は現在のロード車と変わらないのですが……

R0017755.jpg
ギアは計4枚あるものの、なんと変速機がない!
使用ギアを変えるにはいったんホイールを外し、チェーンを張りなおす作業が必要だったわけです。

基本的に自分は「機械の構造はシンプルなほど良い」と考えるミニマル原理主義なのですが……これでは変速の手間がさぞや選手の負担になっていたことでしょう。

さて、ポップカルチャーのデザインを纏った車両も。

R0017765.jpg
うお、痛チャリだ!……と思ったのですが、どうも様子がおかしい。

説明版には「大人向け幼児自転車」とあります。
モモイロジテンシャコウボウの製作で、フレームはシュウィン製を使用。
「初めて乗った幼児用自転車。それは、たしかキャラクターものの自転車。ペダルを踏むと、前に進むという感動は今でも忘れることがない。」とあります。

つまりノスタルジーに訴えるグラフィックやそのキャラクター性をデザインに織り込む提案……というものなのですが。
それでなぜキャラクターが『ななついろ☆ドロップス』のヒロインなのでしょうか?

アートであれば架空のキャラクターを使うべきでしょうし、タイアップならば幼児用風に仕立てるのは蛇足というもの。
思索の果てに辿り着いた結論は「痛チャリ風の商品の可能性を探るための実験的提案」というものでした。たしかに「これは痛チャリです」とは誰も言ってませんしね。

しかし、これもまたある意味で痛チャリなのではないか、と考えられるようになったのはしばらく後。
2006年発売の「子供は遊べない」PCゲームのキャラクターを用いた、ということは、数年前にすでに大人になっていて、なおかつ業の深いオタクしかネタが理解できません。

はっきり言ってしまえば非オタク、あるいは自転車オタクにはおよそ理解の及ばないコンセプト。ここでいう「幼児用」をまともに受け取ってしまうと、まったく意図不明なのです。

では、解釈を変えてみましょう。
「幼児」=「オタク趣味に現を抜かす、いい歳した大人」と考えるとどうでしょう?
自虐心に満ちた「痛カスタム」の真骨頂が見えてくるような気がしませんか?

ちなみにこのモモイロジテンシャコウボウ、実態がよくわからないのですが。ググってみたらどうもピンキーストリート内のプロジェクトらしい。なるほどねえ。

そんなこんなで、今回はここまで。

アジア・パシフィックの自転車生活デザイン展特設サイト:http://pedallife.com/exhibition/index.html
モモイロジテンシャコウボウ:http://www.pinky-dw.com/momo/#
[ 2010/08/13 19:10 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

阿佐ヶ谷七夕まつり

先週末のことですが。
近所ということで『阿佐ヶ谷七夕まつり』を見に行きました。

R0017779.jpg

駅前商店街、阿佐ヶ谷パールセンターの愉快なハリボテ飾りが昔から有名なのですが、今年からは商店街店舗だけでなく一般参加もOKに。小さめの「プチはりぼて」がたくさんありました。

去年以前の様子はこちらで紹介されています。
http://www.asagaya.or.jp/tanabata/tanabata.htm

もともと時事ネタや、その年話題のキャラクターを扱ったハリボテが話題を集めているのですが、今回はまあだいたいこんな感じです。

R0017780.jpg
ゆ っ く り し て い っ て ね !!!

R0017781.jpg
最近とくに見る機会が増えたような……

R0017783.jpg
やっぱりあったはやぶさ。しかもイトカワつき

R0017786.jpg
はやぶさたんもいました

R0017787.jpg
低燃費少女ハイジ。ぱんつみえてる?

R0017784.jpg
よく知らないのですがポニョでいいんですよねこれ?

R0017782.jpg
居酒屋さんの看板ポケモン……にしてはオヤジくさすぎるような
[ 2010/08/10 16:31 ] 日記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。