人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ルイジ・コラーニ作品集、本日発売!

宣伝!
ルイジ・コラーニ作品集の第四弾、本日発売です!


ご興味のある方は、書店でこの表紙を目印にお探しください。

そして、ぜひお買い上げください!!

ルイジ・コラーニ氏をご存知の方もそうでない方も、あなたのプロダクトデザイン・ワークに刺激を与えてくれることは間違いありません。
もしご存知でなかったなら、これを機会に是非知っていただきたい。

思い返せば、自分がコラーニというデザイナーの存在を知ったのは小学生のとき。東急ハンズ池袋店の書籍コーナーでコラーニ作品集第一弾を見たことがきっかけでした。
いま奥付を見たら昭和59年発行と書いてあります。ということは自分が小学6年生のときですかね。
もちろん当時の小学生に2000円を超す書籍など買えるはずもなく、ただ立ち読みして溜息をこぼすのみでしたが……
それでも、漠然とした「工業デザイナーになりたい!」という願望を膨張させるには十分な体験でした。

あれから二十余年。まさか自分が、そのコラーニ作品集そのものの制作に携わるようになるとは……世の中ってわからないものです。
まあ結局、専門学校まで出ておきながらも工業デザイナーにはなれなかったのですけれどもね。
[ 2010/07/17 20:11 ] お知らせ | TB(0) | CM(2)
買わせていただきました。
先日購入いたしました。
久しぶりに刺激を受けまくりました。
コラーニ先生はやはりすごいです。
その個性はいつの時代も一つの指針となるように思います。
中学のときに図書館で初めて作品集を見たときの衝撃を思い出しました。
現実のプロダクトではままならないことも多いですが、
このエッセンスを心に留めて糧にしていきたいと思いました。
どんなときも心の奥にある感性を大事にしたいと思います。
すばらしい書籍の出版を感謝いたします。
ありがとうございます。
[ 2010/07/23 06:24 ] [ 編集 ]
Re: 買わせていただきました。
お買い上げ、ありがとうございます。

造形の好みは人それぞれなので、そうした主観で評価の変わる良し悪しよりも
「なぜこの形状になっているのか?」に主眼を置いて解説文を書いたつもりです。

氏の作品には、ある機能のために他の機能を犠牲にしたり、生産要件は考慮していなかったりと、
必ずしも「工業デザイナー」としては高く評価できない部分もあります。

しかし理想や思想を盛り込んだ上でオブジェとして美しい形状を導き出し、
作品としてまとめ上げ、そして時には実際に望みうる機能を実現する。

そうした結果を手に入れるためのクリエイターとしての真摯な姿勢や心意気、
そして不屈の精神は多くのデザイン関係者にとって見習うべきものではないでしょうか。

そうした、コラーニ氏のすべての作品に通底する思想を感じていただけたなら幸甚です。
[ 2010/07/24 03:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。