人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『寿福隆志さんを偲ぶ会』

しばらく更新が止まってしまっていました。ごめんなさい。
「普通のネタ」はカースタイリング公式ブログ(http://ameblo.jp/car-styling/)で更新し、こちらではB級ネタや個人的なことを……と思っているのですが、なかなかこちらにまで手が回らない状態だったのは、ひとえに自分がヘタレだからなのでしょう。

精進しなければ。

三洋電機やカシオ、パイオニア、レノボなど、ご案内いただいた内覧会や発表会のリポートは、カースタイリング公式ブログのほうで公開しております。

というわけで、昨日(10月15日)は、有楽町の交通会館で行なわれた『寿福隆志さんを偲ぶ会』に参加してまいりました。

R0020100.jpg

一般的には「寿福さんって誰?」という方も多いかもしれませんので簡単に説明しますと、自動車の「テクニカル・イラストレーション」(透視イラスト)の第一人者だった方です。過去の名車やレーシングカー、あるいは最新の技術コンセプトカーなどの記事に添えてある透視イラストを見たことのある方も多いでしょう。そうしたイラストを長年描き続け、観賞用としても楽しめる「作品」を生み出し続けた一人が寿福さんなのです。

残念ながら今年初めにお亡くなりになってしまいましたが、寿福さんも参加していた有志の展覧会『自動車アート7+1人展』では予定通りに作品が展示され、偲ぶ会も開催された、というわけです。

R0020104.jpg

実は私はこの透視イラストに心動かされ、デザイナーを志したと言ってもいいかもしれないのですが、今年はその尊敬すべき人物がふたりも亡くなられてしまいました。ひとりは寿福隆志さん、そしてもうひとりは猪本義弘さんです。

おふたりの共通点は、まず自分のような若造とも対等に話をしてくださるような、懐の深さを備えていらっしゃったこと。そして「構造を知らしめる」に足りる高い精度を持ちつつ、見えない部分を図面などの資料や知識、ときには想像力で補い、なおかつ情報を整理して美しく演出し、鑑賞できる「芸術」として見事に昇華させていることです。

おふたりの描くイラストは、対象のメカニズム的な魅力を正確に表現しつつ、それを美しく演出することでさらなる価値を与えていました。そこにはまぎれもなく「工業デザインの本質」が描かれていました。もっともそれに気づいたのは、自分が仕事を通じてお会いするようになってからのこと。

幼い頃はわけもわからず「透視イラストって、なんかカッコイイ!」と思っていただけなのですが、結果的に見ればそうしたガキんちょの心を動かすに足りるパワーがあった、ということなのでしょう。後になって、自分の工業デザインに対する興味を掻き立ててくれたのは寿福、猪本両氏のイラストだったことを知ったわけですが、直接お会いして話が出来る立場になったのは偶然だったのか必然だったのか……

寿福隆志さん、猪本義弘さんにあらためて感謝を。そしてご冥福をお祈り申し上げます。
そしてこれからも、透視イラストが人々の工業デザインに対する興味を高めることを願います。
スポンサーサイト
[ 2010/10/16 18:48 ] 日記 | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。