人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京モーターサイクルショー・その2

原稿書きに追われたり風邪で寝込んだりでちょっと間が開いてしまいました。前回に続き東京モーターサイクルショーのレポートです。

R0015631.jpg
嬉しいことに、東京でコンセプトモデルをワールドプレミアしてくれたメーカーがありました。オーストリアのKTMは、日本法人のKTMジャパンを設立するほど日本市場に力を入れてくれているメーカーです。そんなKTMが公開したのは、電動モーターサイクルのフリーライド。オフロード色の強いフリーライド・エンデューロと、オンロード・タイヤ装着でストリート感覚を強めたフリーライド・スーパーモトの2台が展示されました。フレームとパワーユニット、それに基本的なカウル形状は共通ながら、ここまで異なった雰囲気を演出できているのには驚かされます。

R0015626.jpg R0015627.jpg
フリーライド・エンデューロのぱっと見の印象は、既存の単気筒オフローダーに似ています。しかしシュラウドの奥の、バッテリーパックを挟み込むようなフレーム形状が新しい。

R0015628.jpg R0015624.jpg R0015630.jpg R0015629.jpg
スーパーモトのフロントフォークは通常の貫通式ではなく、自転車のような形式。ブレーキワイヤも中に通すことで左右切れ角を大幅にアップし、BMXのようなアクションができるように配慮。

この電動バイクは、他のKTMラインナップと同様にオーストリアのデザイン会社・キスカがデザインを担当。スケッチを提供いただけたのですが、カースタイリングの誌面ではすべてを掲載できなかったのでここで公開しちゃいましょう。
02_briefing.jpg
採用案となった初期スケッチを叩き台に、さまざまな要件をリストアップ。

03_clayworking1 copy
クレイモデルのための、おおまかなシルエットとディテールの説明。既存オフロード車の画像を下敷きに使うことで、各部のバランスや量感に大きな狂いが出ないようにしているようです。

07_top copy
上面からのシルエットを検討。バッテリーパックをフレームで挟み込みながら、いかにスリムにまとめるかが課題。

06_tape.jpg
エンデューロのほぼ最終段階のレンダリング。

08_SM3.jpg
絵面全体でストリート感覚を訴求したスーパーモトのスケッチ。シュラウドに細かく書かれた文字は、エクストリーム競技で披露される技(トリック)の名称だそうです。

ウィーンの大学系開発会社、AIT社との共同開発で生み出されたパワーユニットは2ストローク125ccのオフローダーと同等の動力性能を実現。車体総重量は90kg、リチウムイオン電池の充電時間は1.5時間と公表されています。驚くべきことは、これがただのコンセプトではなく「2011年中に、1万ユーロを下回る価格で発売する」という声明がKTMから出されていること。
プレスリリースでは、電動モーターサイクルがコミューター的需要ばかりでなく、モータースポーツの視点からも新たな需要を喚起できると期待していることに触れています。曰く、競技用モーターサイクルが人口密集地域で拒絶される最大の要因は過剰な騒音であった、と。騒音と排ガスの出ない車種ならば、競技を都市近郊で開催する可能性も見えてくるし「これまでは絶対に考えられなかった地域にオフロードパークが開設されるかもしれない」と。そしてそれが「新たなターゲットグループに訴求することも可能になるだろう」と述べています。エコロジカルな新しい乗り物が新しいモビリティを創造し、新しい市場を創出する。このオーストリアのメーカーには、前向きなチャレンジ精神と明るい未来予測が溢れているようです。
[ 2010/04/03 18:33 ] イベント | TB(0) | CM(2)
電動レース市場に期待
かなり昔ですが千葉市内でミニサーキット建設の話が出て、周囲の住民運動ですぐ潰れましたが、電動なら住宅地そばでもスポーツ走行が出来て市場が広がるかも?と思うと、一気に電動化バンザイ!という気持ちになりました。
[ 2010/04/04 22:58 ] [ 編集 ]
>funa さん
誰にも迷惑かけないからいいでしょー?ってのは
言い出すには勇気がいるかもしれませんけど、すごくスマートですよね。
サーキットの敷地に発電施設も併設して地域に供給するとかすれば、
モタスポへの意識もだいぶ変えられそうな気がします。
[ 2010/04/05 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。