人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『SIS 東京スペシャルインポートカーショー』に行ってきました

なかなか更新できなかったのですが、5月28~30日に東京ビッグサイトで開催された「スペシャルインポートカーショー」に行ってきました。

R0016405.jpg

ひと言でいえば「輸入車を対象としたオートサロン」という感じのイベントなのですが、残念ながら今回は不況の影響が見られ、全体的には「前回よりもちょっと出展者が減って淋しいかな?」という印象でした。それでも新しい試みとして、アトリウムに海外メーカー日本法人のブースを集め「インポート・モーターショー」という形で展示するなど、盛り上げようとする努力が感じられました。

この「インポート・モーターショー」ではGM、アストンマーティン、マセラティ、アウディ、フォルクスワーゲン、フィアット(含アバルト)、アルファロメオ、フェラーリが出展。

なかでも涎を垂らしながら見入ってしまったのがこちら。
R0016326.jpg R0016329.jpg
1985年のアウディ・スポーツクワトロS1。説明板によれば86年のモンテカルロ・ラリーに出場した個体だとか。クワトロのホイールベースを強引に切り詰めた珍妙なプロポーションが、グループBの熱狂を思い起こさせます。

もう一社、レーシングカーを展示したのはポルシェ。
R0016425.jpg
ワンメイクレース、カレラカップ用の911 GT3 Cup。

本来の展示で興味を惹かれたものも。

R0016372.jpg R0016375.jpg
KTM X-BOWを展示したのは株式会社ズーム。同社はX-BOWの正規輸入販売代理店で、このSUPER LIGHT仕様は1388万円だとか。これほどの存在感と希少性にしては、意外とリーズナブルかも?

R0016343.jpg R0016341.jpg
アルファロメオ・ジュリアSSは株式会社パパコーポレーションの展示。ジュリエッタSSではなくジュリアSSということは、1963年以降のモデルということですね。それにしてもフランコ・スカリオーネとベルトーネの名も無き職人たちが作り上げたボディが美しい。

R0016333.jpg
メガ・バンを展示したのは、フランスのマイクロカー、エクサム・メガ社の製品を日本でも販売すべく立ち上げられた株式会社アベイユ。現在のところメガの電動仕様を販売すべく、法規対応や最適化の作業が進められているとのこと。

R0016364.jpg R0016369.jpg
屋外展示場にあったのはロータス車のスペシャリスト、テクニカルショップ・ハッピーのエスプリ。ノーマルの外観なのにこのインパクトと存在感。ジョルジェット・ジウジアーロのラディカルな提案をほぼそのまま量産化した潔さ。スーパーカーかくあるべし。

R0016418.jpg
工具や工作機械など、メカニック用の商品を取り扱う株式会社サンケンは旧車を展示。ホンダ・ドリームCBM72(右)はわかったのですが、奥のライラック(丸正自動車製造)はモデル名不明。勉強不足で申しわけない。

今回はだいたいこんなところで。来年は今回出展しなかった企業が戻ってくることを期待したいですね。東京モーターショーでは見られない、貴重な輸入車イベントなのですから。

さーて次はエコカーワールドだ。

東京スペシャルインポートカーショー:http://www.sis-t.net/
株式会社ズーム;http://www.zoom-car.co.jp/
株式会社パパコーポレーション:http://www.superzoil.com/
株式会社アベイユ:http://mega-vehicles.jp/
テクニカルショップ・ハッピー:http://www.technicalshophappy.com/
株式会社サンケン:http://www.sanken-co.jp/
[ 2010/06/13 02:35 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。