人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早稲田大学での講演会

昨日、7月1日のことですが。
早稲田大学モビリティ研究会のお声がけで、講演させていただきました。

R0016695.jpg
会場の会議室は人でみっしり。

スピーカーは自分のほかに、先日講演させていただいた日中自動車交流協会の渡部陽氏、それにメルセデス・ベンツ日本で商品企画を担当している新道学氏。
それぞれ内容は、中国の自動車産業事情とベンツの環境対応技術についてということで、興味深くかつ有益な情報ばかり。

自分は、中国自動車開発の背景や現状についての報告と、北京モーターショーのスライドショーを。聴講者のみなさんにとって、なにかしら役立つネタがひとつでもあったなら…と祈るばかりです。

講演会の後、懇親会までの時間は、メルセデス・ベンツ日本が持ち込んだEクラスワゴンのブルーテック仕様をチェック。

R0016710.jpg
聴講者のほとんどが技術系の業務に携わっているということで、みなさん興味津々。人だかりでクルマが見えません。
「ディーゼルって、日本でも昔は珍しくなかったんだけどな」
なんて話題で盛り上がったり。

R0016703.jpg
トランク下の尿素水タンク。
「小便でいいんだったら便利なんだけど…」「ダ メ よ !」

懇親会では、部品メーカーをはじめ実にさまざまな企業のエンジニアと話をさせていただくことができました。
研究会を主宰されている大聖泰弘先生をはじめ研究会のみなさま、そして聴講してくださった皆様に感謝いたします。

早稲田大学モビリティ研究会:http://www.f.waseda.jp/daisho/
追記。
懇親会が終わって会場(学食でした)を出たら、ロビーにWABOT2が!!

R0016713.jpg

筑波万博は1985年。もう四半世紀も前のことになるんですね。
ということは、学生さんたちが生まれる前の技術ということになるのか……。

科学技術が人類を幸せに導いてくれると皆が無邪気に信じていたあのころ。
その結果の是非はともかく、「あのころ」と同じくらい、未来に夢を託せる国であってほしいと思います。
[ 2010/07/02 19:40 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。