人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『モールトン自転車展』に行ってきました

6月29日から7月4日まで、代官山ヒルサイドテラスで『モールトン自転車展』が開催されました。古今の製品や貴重な車両が集められ、アレックス・モールトン博士の90歳を祝う意味も込められたイベントです。

モールトン自転車の正規輸入総代理店、ダイナベクター社の主催ということで、いわば日本におけるモールトンの公式イベントということになりましょうか。

R0016805.jpg
DSC_5711.jpg
会場はヒルサイドテラスのF棟、ヒルサイドフォーラム。
下町育ちの自分にはちょっと……と身構えてしまいそうなオシャレな場所です。

展示車両は3台の新作車両をはじめ現行ラインナップ、モールトンのフレームに各ショップがセレクトした部品で組み上げたショップオリジナルのコンプリート車、それに愛好家が所有する歴史的モデルやプロトタイプなどなど。

DSC_5832.jpg
R0016799.jpg

残念ながら歴史的モデルは基本的に撮影禁止ということだったので、ここで紹介することは控えたいと思います。
自分は主催者と所有者に許可をいただいた上で撮影してきたわけですが、これらの画像はいずれ別の機会にお見せできれば。お見せできる予定にはなっておりますので……

今回の目玉はこの3台。
DSC_5858.jpg

M-60
R0016788.jpg
5月に英国で行なわれた博士の90歳記念行事で初披露されたM-60。モールトン・バイシクル社から博士へ誕生日プレゼントとして贈られた、ステンレス・フレームのワンオフ・モデルです。
当然市販の予定はありませんが「反響次第では、スチール・フレームにして改良を加えた上での販売を検討するかも?」なんていうコメントも。

AM-20 Mk.2
R0016790.jpg
17インチタイヤに分割式トラスフレームという、AMシリーズの伝統的なスタイルを継承した新作。
フレームのキット価格は54万6000円。

AM SUPER SPEED
R0016789.jpg
非分割式のトラスフレームにステンレスを採用し、モールトン自転車で最軽量となる9kgを達成。
タイヤも20インチを採用したスポーツモデル。
フレームのキット価格は99万7500円。

こちらは現行ラインナップ。
DSC_5877.jpg

また会場にはこんなオブジェも。
DSC_5869.jpg
モールトン自転車とともに誇らしげに立つ博士をイメージして造形したそうです。

さて、この展示会は終了してしまいましたが、速度記録モデル AERO-3と数台のAMシリーズ、それに昔の広告ポスターや工房の風景などの写真パネルが継続して展示されています。
こちらの展示は7月25日まで。

それにしても。
自分もいつかは、モールトン車のオーナーになりたいものです。
自転車なら何台か持っていてもさほど金食い虫にはならないし……でもやっぱり、仕事の道具を満足に買えるようになってから、ですかねえ。


ダイナベクター株式会社:http://www.dynavector.co.jp/
代官山ヒルサイドテラス:http://www.hillsideterrace.com/
モールトン・バイシクルカンパニー:http://www.moultonbicycles.co.uk/
[ 2010/07/13 22:06 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。