人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ウロボロス』試乗会のレポート

オートスタッフ末広が発売した『ウロボロス』の試乗会に参加しました。
といっても6月末のことでして、「いまさらかよ!」とか言われてしまいそうですが……
あまりに楽しい体験だったので、書かないわけにはいきません。

R0016672.jpg R0016651.jpg
クレジット入りの画像はカースタイリング公式ブログからの使い回し。(手抜きではない、効率化なのだ!)
ちなみに公式ブログの記事はこちら。
http://ameblo.jp/car-styling/entry-10573244915.html
http://ameblo.jp/car-styling/entry-10589641112.html

オートバイにあまり興味のない方に説明しますと、オートスタッフ末広は千葉県・千葉市にあるバイクショップで、店頭には50ccスクーターが並べられているような、よくある「街のバイク屋さん」です。

しかして、その実態は……ホームページ(下記リンク参照)を見ていただければ一目瞭然なのですが、カスタムのレベルがハンパじゃない。かつて大きな話題を呼んだ「TZRのフレームにRZVのV4エンジンをブチ込んだ」マシンもこのオートスタッフ末広の製品です。

で、このウロボロス。
サイドカー製作で培ったフレーム製造技術やサスペンションセッティングのノウハウを存分に発揮した、前2輪のトライクです。

面白いのはコンプリート状態での販売ではなく、顧客がバイクを持ち込んで、あるいは選択して、そのエンジンを搭載する、ということ。

今はほとんど乗らなくなってしまって……とか、乗り続けたいけどもう二輪車を乗り回す体力が……という年配ライダーの資産をリユースする、ということも可能な構造なのです。

構造を簡単に言ってしまえば、ラダーフレームにエンジンを元のフレームごと載せる、という感じでしょうか。このためシャフトドライブと水平対向を除いたほとんどのエンジンが搭載可能。

R0016670.jpg R0016648.jpg
この量産第一号車はFZR1000の4気筒エンジンを搭載。ボディに隠れて見えませんが、エンジンは通常のオートバイ同様にライダーの上体の下にレイアウトされています。

ボディのデザインはツナグデザインが担当。「3輪だからって“クルマとバイクをくっつけた”だけのような形状にはしたくなかった」と根津デザイナー。また前後で幅が大きく異なるので「角度によっていろいろな表情を見せてくれる。そのプロポーションのおもしろさを感じてほしい」とのこと。

R0016658.jpg R0016667.jpg
サスペンションはもはや「カスタム」のレベルを超えた専用設計。味付けはコーナリング時の挙動を穏やかにするためにアンダーが強め。ただしプッシュアンダーが出ないよう配慮したセッティング。

R0016679.jpg
試乗風景。ライダーはモーターファンイラストレーテッド誌のMZW氏。コースはほとんど2速、一瞬だけ3速に入れられる程度の低速コースでしたが、軽いスキール音とともに軽快な走りができました。

感想を言えば。
す っ げ え お も し れ え !

オートバイともクルマとも、ATVとも明らかに異なる操作感。「車体に跨がり、手でハンドル操作する」という点はATVと共通ですが、ATVのように力業で曲がるのではなく、ニーグリップしながらクルマのように滑らかにラインをトレースしてゆく感覚。

他媒体の人の試乗時にコーナリング姿勢を見ていると、二輪媒体の人はコーナー進入時に必要以上に上体を内側に傾ける。四輪媒体の人はどっかり座ってコーナー脱出時にGで上体がアウト側に持っていかれる。
クルマとバイクそれぞれの操り方を上手くミックスさせればいいのかな、という印象。「こんな乗り物があったのか!」という新鮮な感動がありました。
試乗を終えた人たちが全員「!!!」という表情で笑いっぱなし、という試乗会なんて、そうそうあるものじゃありません。

ところで。
「ウロボロス以外の3輪の感覚も味わって、比較してみてください」という配慮で用意されていたマシンがあります。

それが
R0016637.jpg
R0016641.jpg
レーシングニーラー。
たしかに3輪という点ではトライクと同じですけど……なんて言いながらも、やっぱり乗ってみたい。

で、「某女神さまマンガにも、こんなの出てきたよねー」なんて思って近づいたら……
R0016640.jpg
女神さまがお乗りあそばされたマシンそのものでした。

エンジンは80cc2スト単気筒をボアアップした100cc。それでもやはり、さすがにレースマシンを操縦するのは気が引けたので、パッセンジャー体験をすることに。

素人を乗せるということでかなり手心を加えたライディングをしてくれているはずですし、実際にせいぜい30km/h程度のスピードしか出ていないはずなのですが……
RIMG0507.jpg
ひょああ~~~!!とかギェエエ~~~~!!とか。

姿勢を保持するので精一杯のGとスピード感。
地面スレスレを移動することの強烈なスペクタクル。
たかだか100ccで、これほどまでに激烈な非日常感覚が味わえるとは!!

ウロボロスとはまた違った未知の感覚が楽しめることは実感できましたが、それ以上に「動力付き乗り物の楽しみ方」が、従来のクルマとバイクにあるものだけではない、ということをしみじみ体感しました。

とにもかくにも、参加した全員が笑いっぱなしの試乗会。
こんな機会を設けていただいたオートスタッフ末広のみなさんに感謝いたします。

オートスタッフ末広:http://homepage2.nifty.com/as-suehiro/
ツナグデザイン:http://www.znug.com/
[ 2010/08/04 23:42 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。