人間の手が、まだ触れない。

誰に聞かせるでもない独白あるいは日々の戯言など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ペダルを漕ぐと発電する新型電動アシスト自転車

R0015091.jpg





国立競技場で三洋電機の電動アシスト自転車、エネループ・バイクの新製品発表会がありました。

エネループ・バイクとは三洋電機が発売している電動アシスト自転車のなかで、
回生充電を行なうタイプのモデルが属するブランドです。
これまでは下り坂やブレーキ制動時で回生する「ループチャージ」システムを持っていましたが、
今日発表された新型機種では、平地走行中にも充電するモードを備えた
第二世代のループチャージを採用したのが特色です。

この新しいモードは「エコ充電モード」と呼ばれ、
モーターの回転速度とペダル踏力を総合的に判断して制御するもの。
走り出しや登坂時はモーターでアシストし、ある程度の速度で巡航するときは
モーターが発電機として動作することになります。

最大のメリットは、これまで以上にこまめに充電されることになるので、
リチウムイオン電池を取り外して充電器に繋ぐ手間を減らせること。

しかし「そりゃ便利だねえ」で納得してしまうだけではもったいない。
この新しいループチャージ・システムは、「ユーザーみずからが発電し、電力を供給する」という点に意義があるのではないかと考えます。

自転車で使う電力は、その自転車を走らせることで供給する。
まさに「エネルギーの地産地消」ですし、発電時の環境負荷はユーザーの吐息だけ。
夢のような話ではありますが、この新型エネループ・バイクは
その夢の実現への着実な一歩として、評価されるものではないでしょうか。

R0015106.jpg



ハンドルに装着されるメーターで、モーターの動作状況が確認できます。

R0015097.jpg
R0015107.jpg

モーターは前輪ハブにあります。前輪をアシストすることで、いわば2WDとして走るのがエネループ・バイクの特徴。

R0015100.jpg




ペダル部分にあるトルクセンサー。

R0015108.jpg



約25kgとやや重量はあるものの、あくまで自転車なのでブレーキは通常と変わらないタイプ。

ちょっとだけ試乗した感想としては、とくに上り坂で、ぐいぐいと
前から引っ張ってくれるような、力強い感覚が心地よかったですね。
3段ギアを変速させることなく、簡単に登りきってしまいました。
回生充電してるかどうかはメーターで確認しないとわからないほど、
これまでの電動アシスト自転車と変わらない、自然な走行感覚でした。

エネループ・バイク:http://products.jp.sanyo.com/eneloopbike/
[ 2010/03/02 23:46 ] イベント | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。